結婚指輪について分からなくても大丈夫!基本的な疑問から解決していきます!

当サイトは結婚指輪について分からないことがある人向けに、基本的な疑問から解決する情報をご紹介しています。
マリッジリングに関心があるけれど、どのようなものを選ぶべきか分からない場合でも大丈夫です。
マリッジリングで人気が高いブランドについても解説しています。
人気ブランドを参考にして選ぶのも良いでしょう。
20代のマリッジリングの相場はどれくらいなのかもご紹介しています。
相場を参考にすれば自分に合う納得の指輪が探せるかも知れません。

結婚指輪について分からなくても大丈夫!基本的な疑問から解決していきます!

結婚することが決まったので結婚指輪について詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。
結婚指輪は基本的に結婚した男女が身に付けるもので、結婚式では指輪の交換をして互いの指にはめたりもします。
結婚指輪は既製品とオーダーメイド・フルオーダーメイドのものがありますが、既製品であってもその場で持ち帰ることが出来ない場合が多いです。
結婚指輪はブライダルジュエリーの専門店や一般の宝飾店などで購入することができます。

結婚指輪とは何?婚約指輪との違い!

どちらとも結婚される二人にとって大切な証になるものです。
しかし婚約指輪とは婚前前に男性が女性に愛を誓って贈るもので、結婚指輪とはお互いに相手に贈る結婚の証の事で、まったく異なるものになります。
また結婚指輪とは二人が夫婦である証でもあり、男性女性ともに既婚者であることを明かすものであり、日常身に着けるものです。
そのため使う機械も相場価格も、デザインも異なります。
男性から女性に贈る婚約指輪は、以前は給与の三ヶ月分でしたが、現代の相場では給与一か月分で購入できる指輪を購入して贈る場合が多いようです。
さらに指輪に付けるジュエリーはダイヤモンドが一般的ですが、大きさや質で価格が変わり、宝石店では100,000円台から揃えていあるので、予算に合わせて指輪を購入することが可能です。
デザインも結婚指輪の場合、シンプルなデザインが好まれるようです。
ストレートラインの他にも緩やかなカーブを描くS字ライン、メレダイヤモンドを飾ったメレ付きなどが代表的なデザインになります。

結婚指輪選びで失敗しないために!こだわりたい部分を明確にしよう!

アイテムを選ぶとき、全ての希望が叶うことはめったにありません。
それは結婚指輪選びについても同じです。
失敗しないためにはまずこだわりを明確にすることです。
リングの素材や宝石、意匠などの理想をはっきりさせるのです。
そのためには雑誌やインターネットなどを使って、実物を見る前に理想像を膨らませておくのがおすすめです。
たいしたイメージがないまま店舗に行っても、何を見ていいのかわからず、店員さんのおすすめばかりを眺める結果になりがちです。
理想像がはっきりしたら、店舗に行って結婚指輪の実物を見ます。
事前に収集した情報とのギャップを埋めていくことが失敗しないポイントです。
ここまでで結婚指輪についてかなり詳しくなっているはずです。
すべての理想を叶えるリングがあればそれを選ぶのが一番です。
しかし予算などさまざまな制約がありますから、そのときは優先順位をつけて選ぶのがいいでしょう。
宝石や意匠などこだわりたい部分を優先させるのです。

結婚指輪はおしゃれなデザインであることも大事

結婚指輪は毎日つけるからシンプルなものが良いというのは聞いたことがあると思います。
そのため、プラチナや純金の素材にこだわり、装飾品はつけない甲丸や平打ちリングを選ぶ方も多いでしょう。
しかし、結婚指輪はアクセサリーのひとつでもあります。
アクセサリーは自分の気持ちを高めるものでもあると考えると、シンプル且つおしゃれなデザインであることも大事です。
おしゃれなデザインを選ぶときは、形にこだわるのがおすすめです。
定番なのは甲丸ですが、他にもV字やウェーブやひねりなどもあります。
装飾品をつけないのならリングの形状に動きがあるものが人気でしょう。
また、プラチナや金をツートンカラーで組み合わせたコンビリング、和柄やハワイアン柄を彫ったリングなどもあります。
柄が嫌という方は、槌目やつや消しも人気です。
リングというのは色んな組み合わせで考えると数えきれないくらいの種類になります。
二人が一生つけていたいと思えるものを選びましょう。

結婚指輪を安く抑えたいなら手作りがおすすめ!

結婚指輪にかかる費用を少しでも安く抑えたい、という人におすすめなのは手作りするという方法です。
自分で作るとなると仕上がりが悪く、従来の既製品と比較して品質が劣るのではないかと考えている人もいるでしょう。
しかし実際には、費用を抑えたからといって品質が劣ることはありません。
まず結婚指輪を自分で作ることによって、デザイナーや職人、販売員の人件費を削ることができます。
さらに通常の店舗で購入する場合には、広告費やテナント費なども商品代金に含まれることが多いですが、手作りの場合はそのような余分な費用もかかることはないのです。
一般的に結婚指輪を自分で作りたいという人は、シンプルなデザインを好む傾向にあります。
そのため、材料費や加工費なども安く抑えることができるでしょう。
ブランドの価値やデザイン性よりも、二人で考えてオリジナルの指輪を作成する時間の方が尊く重要であると考えるカップルには、既製品よりもおすすめであると言えます。

巷で人気の結婚指輪をチェックしてみようt

結婚指輪は婚約指輪よりずっとつけている方が多いですし、日常遣いしやすいデザインのものがおすすめです。基本的にはシンプルな作りで丈夫で変質しづらいプラチナ素材が定番です。お値段の価格帯というのも色いろですし、ニーズに合った物を選んでいくと良いでしょう。それでも人気の結婚指輪をチェックすると、満足度が高くなる傾向が在りますので要チェックです。もし好きなブランドがあるようでしたら、そのブランドの中から捜してみるのもお勧めです。また必ずしも男性と女性とペアでなければならないという事はありませんし、まとまらなかった場合はそれぞれで好きなデザインを選ぶというのも良いでしょう。今結婚指輪で人気なのは、婚約指輪と重ね付けが出来るタイプです。指馴染みも良く、単品で使うというのもありですが重ねて使う事でデザイン性がさらに高く作られていて、指を綺麗に飾っていくことが出来ます。試着してしっくりくるものを選んでいきましょう。

結婚指輪に使われることが多い人気の高い素材とは

新郎新婦が結婚式で交換する結婚指輪は、普段から毎日のように身につけることも多いアイテムなのでどのような素材を使っているものを選べば良いか迷うという人もいるのではないでしょうか。豪華な印象の婚約指輪と比較すると控えめなデザインのものも多いですが、結婚指輪は良い素材を使っているものが少なくありません。中でも最も人気があるのはプラチナを使っているものです。この貴金属は希少性が高く美しい輝きが特徴で、加工もしやすいのが選ばれる理由となっています。プラチナは最も人気がありますが、他に人気があるのはゴールドです。豪華な印象のゴールドは特に海外で人気があります。日本人の肌にも調和しやすい色なので、結婚指輪に選ぶのにも適しています。加える金属によって色が変化しイエローゴールドやピンクゴールド、ホワイトゴールドなどとして結婚指輪に使われることも少なくありません。これらの他にはチタンやシルバーを使っている指輪もあります。

結婚指輪に刻印を!オリジナリティーを出せるサービス

ジュエリーショップのサービスの中には、結婚指輪に刻印をしてくれるものもあります。刻印は単語やメッセージ、記号などを刻むことが可能です。言葉などを入れることでよりオリジナリティーを引き出すことができ、世界に一つだけの結婚指輪に仕上げることが出来ます。基本的には結婚指輪の裏側に入れて、持ち主がこっそりと確認出来る位置に加えます。選ばれることが多いのが、二人のイニシャルです。イニシャルを入れれば自分のものだと分かり、独自の指輪になります。離れているときにもお互いを感じられて、人気のあるデザインです。結婚や愛情に関する英語やフランス語を選ぶのも、お洒落です。英語やフランス語の「永遠」や「愛情」などの言葉にすれば、より愛情が深くなるかもしれません。筆記体にすることも多く、見た目もお洒落になります。どんな言葉を入れてくれるのか、どれくらいの大きさになるのかは事前に確認しましょう。ショップによってサービスの内容が違うので、確認しておくと安心です。

結婚指輪は通販サイトでゆっくり時間をかけて

結婚を考えているカップルの人は、結婚指輪をどうするか迷っている人もいるでしょう。なかなか外出できない状況で、ゆっくり選ぶことができるのが通販です。インターネットで見ることで、2人で時間をかけて相談ができて、焦って購入することがないのでメリットにもなります。通販サイトでは、さまざまな大手メーカの会社が結婚指輪を紹介しています。最近、若い世代に人気があるのは、婚約指輪と結婚指輪を一緒に2連でつけることができるタイプです。モチーフが花や誕生石が入っていたり、ディズニーのキャラクターをメインとしているものが人気を集めています。女性の好みに合わせて選ぶことで、長く一生大事に使うことができます。シンプルなデザインで、年齢が高くなっても年相応にふさわしいものを選ぶことを大事にしましょう。ダイヤモンドがちりばめられていたり、ゴールドの線が入っているオシャレな結婚指輪も素敵です。インターネットの専門店を活用してゆっくり探すことができます。

製法の違いを知って結婚指輪を選ぶことも大切

結婚指輪の製法には鋳造と鍛造の2つがあります。鋳造は鋳型に金属を流し込んで固めリングの形状を整えます。鋳型1つでたくさんの結婚指輪を作れるので、現在流通するものの多くが鋳造によるものです。コンピュータを使えば複雑なデザインも可能なのも魅力的といえます。デメリットは金属が柔らかく仕上がるので耐久性が低いことです。ただし信頼できるジュエリーショップであれば不良品に認定されるような耐久性の低さはありません。鍛造は金属の塊を叩いて伸ばし、曲げてリングの形にします。伝統的な製法とは異なり、プレス機を使って形状を整えることも増えたので大量生産が可能になりました。金属が叩かれることで鍛えられるため、耐久性の高い結婚指輪となります。表面の硬度が高いほど研磨したときの輝きは大きくなるという特徴も持ちます。複雑なデザインが実現しにくくシンプルになってしまうことや、昔ながらの鍛造だと完成まで時間がかかるというデメリットがあります。

結婚指輪に関する情報サイト
結婚指輪の疑問

当サイトは結婚指輪について分からないことがある人向けに、基本的な疑問から解決する情報をご紹介しています。マリッジリングに関心があるけれど、どのようなものを選ぶべきか分からない場合でも大丈夫です。マリッジリングで人気が高いブランドについても解説しています。人気ブランドを参考にして選ぶのも良いでしょう。20代のマリッジリングの相場はどれくらいなのかもご紹介しています。相場を参考にすれば自分に合う納得の指輪が探せるかも知れません。

Search